FC2ブログ

ジョイント195

自分が思いついた文章を徒然なるままに書くブログです。二次創作系。がんばっていきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
Diary-3
Diary-3。ラストです。
Diary-3

「本当に、良い天気ね」

「本当に、そうだな」

俺たちが今居る場所は母校の屋上。北高の屋上だった。
天気は良い。雲一つない。
それを俺たちは寝転んで眺めていた。無論、手を繋ぎながら。
今日は休日。元気に部活動をしている生徒達の声だけが響き渡っている。それ以外は何もなく、ただ時間が過ぎていくだけ。それが俺の、俺たちの今日の過ごしかた。静かな過ごしかただった。

「なんだか…眠くなってくるな」

「膝枕でもしてあげようか?」

「…このままで良い」

手を繋いだまま。なんとなく今日はそんな気分。理由は分からない。

「そ…。たまには悪くないわね。こんなのも」

「ああ…」

ふと隣に居るハルヒを見る。ハルヒも俺を見ていた。見つめ合う。お互いの距離が近づいて――――――。

ちゅ―――――。

寝転がったまま、軽く触れるだけのキス。

「なんか…すごく良いかも。こういうの」

「良いな…」

以心伝心とでも言える二人。お互い何をしたいか。何を今求めてるか。分かる時がある。今は繋いだ手から伝わってくる。
二人の手で暖めていくもの。
二人の時間。二人の気持ち。
決して冷ましたりはしない。したくない。二人、同じ気持ち。
それならば怖いものなどありはしない。

「ずっと…一緒に居たいな…」

「こういう時…すごくそう思うわね」

俺たちの必ず実現するだろうささやかな夢。口に出して強く実感する。
今感じている風の匂い、静かなこの暮らし。愛しき思い出たち。
その彼方から、これからずっと先の未来まで、「俺とハルヒ」という名の時代が流れていく。俺たちが創り出した時代。俺たちがこれから創り出していく時代。
二人信じ合っていれば、その時代は、俺たちにとって永遠となるだろう。
昔は、コイツと出会ったことを偶然だと思いたかった。
今は、ハルヒと出会ったことを運命だと思っている。
「運命の二人」だなんて、昔は信じられなかった。
けれど、俺たちはきっとそうなんだろう。確信はあった。実感はない。余りにも自然過ぎる二人だから。
それで良かった。

「よ…っと」

ハルヒは気付けば俺に覆い被さるような体勢になっていた。
目と目。瞳と瞳。
見つめ合う。

「やっぱくっつきたくなっちゃった…」

「ご自由に」

手だけじゃ我慢できなくなった。そんなところ。
ハルヒが俺の胸へ倒れ込む。
俺はそれを受け止める。
少しだけ風が吹く。冷やかしか。上等だ。

「ねぇキョン」

「なんだ?」

腕の中で、俺に問いかけてくるハルヒ。少しだけ顔が赤い。こんな時は恥ずかしくなるような、嬉しいことを言ってくれる時だ。

「あたしは…もうアンタ以外考えられないし。そのつもりも無いからね」

―――――やっぱり来た。
けど、そんなもんは。

「俺も…ハルヒ以外考えられないし、考えるつもりもない」

俺も一緒なんだ。


毎日、毎日。日記を付ける必要もないほど鮮明に覚えていられる。そんな日々。

「やっぱりキョンもそうよね!」

キラキラ輝いて眩しくて、あいつの笑顔は太陽のよう。

「当たり前だ」

俺の表情は自分では分からない。けれどあいつと同じような表情で居るのだと思う。

「だから…これからもさっき言った通りずっ~とアタシと一緒に居なさいね!それ破ったら死刑だから!」

アイツだからそうなれた。アイツが傍に居るから俺は笑顔でいられる。そう実感出来る。
時にはケンカもしてしまうけど、それでもやはり最後は笑い合える。

「分かったよ…死刑は嫌だからな」


最高の日々――――。

それは二人で創るたった一つの


Diary。
スポンサーサイト
thame:涼宮ハルヒss genre:小説・文学
Diary | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
<<拍手返しと小ネタ   |  home  |   Diary-2>>
Comment

管理者にだけ表示
何処でこんな素晴らしい電波を受信できるアンテナを手に入れたんだ?

次も期待している。
2008/02/20 Wed| URL | カンジテスト [ edit ]
ナイスです。
これからもいいハルキョン小説を期待しています。
頑張って。
2008/02/20 Wed| URL | 春菜 [ edit ]
あま~~~~い!!
文章の雰囲気とハルヒとキョンの関係が凄くいいです。
すみません、コブクロは聞かないのですが、これを機にちょっと聞いてみようかなと思いました。
実際に記さなくても、ちゃんと2人の間で記されているダイアリー、というテーマが凄く気に入りました。
(勝手な解釈かもしれません。すみません)
2008/02/20 Wed| URL | 911 [ edit ]
コメント返し(まとめで申し訳ないです)
カンジテストさん>またコメントしていただいてありがとうございます!期待していただけてなによりです。精進していきます。
春菜さん>コメントありがとうございます!これからも、お暇でしたらお立ち寄りください。
911さん>コブクロ是非聞いてください!(笑)かなり良い曲なんで!それでこのssが思い浮かびました。
そうですね・・・見返してみると、二人の間に記されているダイアリーというのがテーマだったのかもしれません。ただ書いてる時は歌詞を再現することばかり考えていたので・・・深くは考えてませんでした。・・・なんか頭悪くてすいません!これからもよろしくお願いします!
2008/02/21 Thu| URL | koko428 [ edit ]
  |  home  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。